スイフトのプラグ交換

今回はバイクじゃなく、車を久々整備しています。スイフトは1300cc(ZD11S)四駆でマニュアルという、ちょっとニッチな現在設定無しモデルの古いノンスポです。

最近、低速時、特に1速から2速へのシフトアップ時に、かぶり?ノッキング?と疑われる症状が散見され、楽天のポイントあるし、良いプラグに交換してみようとトライしてみました。現在はデンソーが一部標準のようですね。

先に結論言うと、4本中2本が緩みあり、そのうちの1本は、2周回せるほどでプラグからの排気で汚れており、かなりの圧縮低下が想像出来ます。

 最右が今回購入した新品プラグ。

何故にここまで緩むのかは不明ですが、気づいて良かったです。DIYレベルですので交換風景も載せときます。

先ず、エアクリを外します。

 ボルト5本ほど。

 プラグカバーは取り付けボルト4本

 更にプラグの取り付けボルト4本を外し

プラグキャップを上に持ち上げ外します。(少しきつい)

 キャップを外した状態。

レンチプラグを利用し入れ替えます。新品プラグは、優しく回してネジが斜めに喰わないよう特に注意して。底点いてから1/4〜1/2回転程度締め付けで良かったはず。これで緩むととは、経験がありません、ホント不思議!

キャップはきちんと締まっているのと比較しススで汚れています、異常は明らか。

交換後の走行は、低速でのトルクアップと吹き上がりが全然違う、非常に軽やかになりました。素晴らしい!!。もっと早くやれば良かった。

【車検に先月出したばかりだけど、プラグは触らないと思うけど。。。メカニックも言われないと気づかないかなぁ。】心の叫び!

 

バイクいじり
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
高倉りょういちのブログ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました