ゴリラ、フロントサスインナーの交換

フロントが前から”コキコキ”と言うのと、ゴムの割れが大きくなり、思い切って交換してみました。

利用したパーツは、

デイトナ(Daytona) インナーフォークキット スタンダード長 ドラム用/モンキー 95637

ちょっと高価高だけど、品質と安心感を重視。ついでに、モンキーノーマルダウンフェンダーブラケットも取り付けて、フォークを強化(気休めでしょうが)。ノーマルルックで、インナーの外形がアップし、安定感が増したような気がします。今日は大雪のため、試し走行が出来ないのが残念でなりませんが、楽しみは後でと!

以前は、SP武川 キョウカダンパーを左に付けていましたが、最近停止後戻りの”きゅっ”が嫌いで、今回の決断のポイントです。

以前のサスと比較するとがっちりした感が良いです。

右が取り外した純正品、約15年何事も無くよく働いてくれました。感謝!

工具として、サークリッププライヤーは必須です。

追記2018/1/30

外した部品をよく見るとピストンスライドパイプのピン穴の所がぱっくりと割れていました。カクカク言うのはこれが原因ですね、交換して正解でした。

追記2018/2/5

家前の道路が雪解けし少し乗車出来ました、その感想です

純正と比較しレスポンスが良い1クラス上の乗り心地です。信頼と安心は、ある程度の金額は必要かと思います。これを選択して正解でした。

バイクいじり
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
高倉りょういちのブログ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました