バイクメンテナンススタンドの作成

ゴリラのスイングアーム(10cm)を入れ替える事を決断し、その前段でバイクスタンドを作ってみました。

これまで使用していた製品が中華製で、入らない、ネジ締まらない等、結構苦労して取り付けた経緯があり、分かってはいましたが、「安かろう悪かろう」の世界で、リスクが伴います。

最近バイパス走行も流れに乗ることが出来るようになったこの頃、このままで良いのかと振り返り。もしも、もしも、スイングアームシャフト取れたら。。(死ぬな)

そこで、KITAKO製(8cm)を手配。

作業時に乗用車のジャッキで踏ん張ってバイクを持ち上げていた物を、非常に安定性が悪いため、既製品は¥6,000〜 んー、作るか!と決断。家中の廃材を漁り。家改築時の廃材、木製机の廃材、等など、結構あり、なんとか組み上げ、最後は、水性スプレーで着色してみました、我ながら、時間がかかった割には雑。

ステップも外さず使えるように、8mmの間隔を開けて接合し、ドレンボルトの位置も配慮して、形はぶさいくですが使えるはず。乗せるのはゴリラは軽いので、エイ!とかけ声かけてえやれば出来る。後はスイングアームの到着待ち。ほとんど力ずくのような気がしてます。

次の悩みは、チェーンガードをどのように付けるか。スイングアーム手配した後、KITAKO製はチェーンガードの取り付け穴が無い事が分かり検討中。

スイングアーム交換につづく

バイクいじり
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
高倉りょういちのブログ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました