グリップカバー作成

梅雨空なのでたまにはいじってみようと。今日はグリップカバーを作ってみました。

ボアップ後グリップに伝わる振動がキツくなり、長く乗っていると手が痺れることが度々。コリャなんとかせんと、ようやく対策を。

先ずは防振対策として、スポンジを購入。現在のグリップに挿入するのが難儀しましたが、水をたっぷりとかけながら粘り強く作業。何とか無事装着。

次に、スポンジの上にカバーをかけます。かみさんから本革を少し分けていただきグリップの大きさにカット。

100均からハトメ7mmの金具、穴あけ工具、ハトメ工具、紐、紐どめの玉を購入。全部で600円。以下参考にしてください。

角利(KAKURI) ハトメパンチ 片面 7mm用
書類とじ・文具・バッグ・靴など穴の補修・補強・製作に。 ハトメを付けることで穴を補強し、素材を長持ちさせるのに役立つ。
イチネンアクセス(旧イチネンミツトモ) FAMILY TOOL(ファミリーツール) ハトメ 両面ハトメ パンチセット 51323 7mm(#20) アルミ製 50組入
【特徴】強度が優れ、両面ハトメで表・裏が美しい仕上がりです。【仕様】ハトメサイズ(mm):7(厚さ約2.5mm迄)下穴ポンチ径(mm):7ハトメ玉入数:50組入ハトメ材質:アルミニウムセット内容:両面ハトメパンチ、両面ハトメ玉、下穴ポンチ、下敷き【メーカー】イチネンミツトモ【JANコード】4976463513233

完成がこれ

まだ走っていませんが、見た目、感触はいい感じです。

かみさんは売れると!言っています。どうしようか悩むこの頃です。

作るの面倒という方はすぐに購入もできます。

バイクいじり
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
高倉りょういちのブログ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました